地域で話題の情報をお届け!

NEWS編集部レポート

NEWS編集部 東京担当

国内最大級の屋内アスレチック施設『SPACE ATHLETIC TONDEMI“HEIWAJIMA”』が東京都大田区にオープン!

国内最大級の屋内アスレチック施設『SPACE ATHLETIC TONDEMI“HEIWAJIMA”』が東京都大田区にオープン!
2018年7月12日(木)、国内最大級の屋内アスレチック施設『SPACE ATHLETIC TONDEMI“HEIWAJIMA”(スペースアスレチック トンデミ“ヘイワジマ”)』が東京都「BIGFUN平和島」にオープンします。トランポリン上でドッジボールやバレーボールを楽しめるゾーンなど、充実したラインナップが大きな魅力。家族や友達と一緒に訪れて、童心に返ったつもりで体を動かしてみてはいかが? ※画像は「トランポリンエリア」イメージ

トランポリンエリア

トランポリンエリア
日本国内でも設置店舗数が年々増えているトランポリンを、国内最大級の規模で展開。全54面、約200坪のエリア内には様々なゾーンが設けられ、トランポリンの楽しさを最大限体感できます。 ※画像はイメージ
自由にジャンプが楽しめる「フリーゾーン」/壁面を使ったドッジボールが楽しめる「ドッジゾーン」/高さの違う2種類のゴールで子どもから大人までダンクシュートを体験できる「ダンクゾーン」/安全に飛び込みが体験できる「ジャンプピット」/トランポリンの跳躍力を生かしたバレーボールが楽しめる「バレーゾーン」/アクションゲームの主人公になりきってジャンプを楽しめる「アクションジャンプゾーン」 ※画像はイメージ

クライミングウォールエリア

クライミングウォールエリア
クライミングに挑戦できるウォールが難易度別に13種類、19コース設置されます。ウォールの高さは最大10mなので、普段体験できない高さのクライミングにチャレンジすることも。減速装置付きのロープを装着するため、安全にクライミングを満喫できます。 ※画像はイメージ
クライミングウォールは、ニュージーランドのClip'n Climb社製の「Clip'n Climb」を導入。ゴールに到達するタイムを競うものなど、2人以上で勝負を楽しめるウォールが初登場します。7mの高さから垂直落下で滑り下りる巨大スライダーなど、興奮間違いなしのコンテンツも要チェック。 ※画像はイメージ
クライミングウォールにプロジェクションマッピングとセンサーを組み合わせた、新感覚のデジタルクライミング「WONDER WALL」も導入。「WONDER WALL」は2017年度グッドデザイン賞、第22回WebbyAwardsを獲得した国際的にも評価の高いコンテンツです。 ※画像はイメージ

ロープウォークエリア

ロープウォークエリア
ハラハラドキドキのロープアクティビティエリア。アメリカのROPES COURSES社製「Sky Trail(R)Discovery」と「Sky Tykes(R)」を、国内で初めて屋内設備に導入しました。 ※画像はイメージ
「Sky Trail(R)Discovery」では、難易度の異なる12種類のアクティビティを体験可能。高さ約3.5m、全長111.63mの高所に張り巡らせたロープ上を安全帯を着けて前進し、コースクリアを目指します。最後には約18mの距離を一気に滑り降りるジップラインが待ち構え、思う存分に高所のスリルを味わえるはず。また「オーバーヘッドトラッキングシステム」という安全システムを導入しているため、高所でロープを繋ぎ替える必要がないのも特徴。今までのロープアクティビティよりも簡単で、より安全にスリリングな体験をすることができます。 ※画像はイメージ
「Sky Tykes(R)」は小型のロープウォークで、身長・体重が他のアトラクションの利用条件を満たしていない小さな子どもでも利用可能。親子で一緒に挑戦できるので、子どもに“初めてのアスレチック体験”をさせてあげたい家族連れにはうってつけです。 ※画像はイメージ

キッズエリア

キッズエリア
利用制限によって通常のアクティビティを体験できない、未就学児向けに用意されたエリア。「キッズ版」のアクティビティが6種類登場します。不思議な形の遊具で遊べる「キッズアスレチック」/宇宙をテーマとしたウォールにチャレンジする「キッズウォールクライミング」/ロケットの形をしたフワフワ遊具のトランポリン「キッズトランポリン」/未就学児向けのペダルカーを運転できる「キッズペダルカー」/屋外の公園のようにお山から滑り降りることのできる「キッズマウンテン」/エアーでできた安全に親子で楽しめる「キッズシーソー」 ※画像はイメージ

エアーランエリア

エアーランエリア
大人から子どもまで安全に楽しめる、新感覚エアー障害アスレチックコースが登場します。全長40.7mのコース内にはエアーでできた障害物を設置。障害物をよじ登ったり、なぎ倒したりと様々な方法でゴールを目指しましょう。 ※画像はイメージ

ペダルカートエリア

ペダルカートエリア
本格的なペダルカートに乗り、ドライビングを満喫できるエリアです。カートはペダルを漕ぐだけで動きハンドル操作も簡単なので、親子や仲間で楽しく盛り上がれるはず。 ※画像はイメージ

『SPACE ATHLETIC TONDEMI“HEIWAJIMA”』概要

オープン日:2018年7月12日(木)10時。営業時間:10~21時。定休日:不定休。料金:フリーパス2,900円(トランポリン/クライミングウォール/ロープウォーク)。初回登録料500円(ソックス付)。保護者入場料500円 ※価格はすべて1人/120分(税込) ※その他アクティビティごとの料金プランを用意。入場制限:「スポーツエンタメエリア」身長110cm以上、体重20kg~120kg、「キッズエリア」身長110cm以下。 ※その他入場制限を別途設定しているアクティビティあり
キーワード :
ニューオープン
スポーツ・アウトドア
ファミリー・キッズ
投稿者情報

NEWS編集部 東京担当

この投稿者の記事一覧を見る

関連する観光スポット&イベント

『SPACE ATHLETIC TONDEMI“HEIWAJIMA”』

すぺーすあすれちっく とんでみ へいわじま

住所 東京都大田区平和島1-1-1BIGFUN平和島 MAP
TEL 03-6404-9935(2018年7月12日(木)より開通)

公共交通

私鉄大森海岸駅→徒歩約14分

料金

フリーパス2,900円(トランポリン/クライミングウォール/ロープウォーク)。初回登録料500円(ソックス付)。保護者入場料500円 ※価格はすべて1人/120分(税込) ※その他アクティビティごとの料金プランを用意。

時間

10~21時

休み

不定休

URL

https://bandainamco-am.co.jp/kids/tondemi/heiwajima/

この記事を読んだ人におすすめの記事

注目のピックアップ記事

※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。
※国内ガイドの観光、温泉、イベントの検索結果の一覧や各詳細ページの表示は、コンテンツの移行に伴い、新サイト「るるぶ&more.」にご案内しております。
※おでかけ広場の会員サービスを終了いたしましたが、ご投稿いただいたクチコミなどのデータは引き続き表示させていただいております。詳しくはこちら