地域で話題の情報をお届け!

NEWS編集部レポート

NEWS編集部

Tシャツが5秒で畳める!? 旅行時に使える生活用品の“しまい方”講座

Tシャツが5秒で畳める!? 旅行時に使える生活用品の“しまい方”講座
覚えておけば便利なのが、時短に繋がる生活用品の“しまい方”。今回は、旅先でも使えるライフハックをご紹介しましょう。

Tシャツが5秒で畳める裏技とは?

5月21日に放送された「ノンストップ!」では、“しまい方講座”を開講。旅先や日常で使える、様々なモノの効率の良い“しまい方”を紹介しました。
まず紹介するのは“Tシャツを5秒でたたむ方法”。Tシャツを平らなところに広げたら、左手でTシャツの真ん中・左から1/4のところ(着た時の肋骨あたり)をつまんで、右手で左肩あたりをつまみます。そのあとは、右手で肩をつまんだまま延長線上の裾部分をつかんで“左手を引き出して”軽く払うように振り、そのまま袖を折り込むように整えれば完成。慣れれば本当に5秒ほどで畳めるようになります。
さらに、面倒な布団カバーのハメ方も。まず布団カバーを裏返して床に置き、その上に布団を置きます(紐がついている場合はここで布団とカバーを結ぶ)。そのあと、チャックがついている部分の反対側からカバーと布団を一緒にクルクルと丸めましょう。チャックのところまで丸めたら、布団とカバーを一緒に“丸めたまま”チャックに入れ、布団を元に戻せば完成。この方法はお寿司のカリフォルニアロールに似ていることから、“カリフォルニアロール式”とも呼ばれているのだとか。
これらの“しまい方”を見ていた視聴者からは、「Tシャツを5秒でたたむ方法、ほんとに簡単に綺麗にたためるのね。いま練習中」「布団カバーのやり方すごーーい! いま布団とシーツ全部洗って干したばっかだからめっちゃ助かった」といった声が上がっています。

レジ袋を収納する裏技も!

ほかにも「ノンストップ!」では、かさばりがちなスーパーのレジ袋の“しまい方”を紹介。レジ袋を綺麗に収納するために用意するものは、ティッシュの空き箱のみ。まずレジ袋を縦に伸ばしてティッシュの箱に取っ手部分だけを出して入れます。2枚目以降は、縦へ棒状に伸ばしたレジ袋を先に入れた袋の取っ手に通して箱に挿入しましょう。そのあと、2枚目の袋の取っ手を箱から出して… を繰り返していけばOK。こうすることで、標準のレジ袋を15~20枚ほど収納できます。
知っておけば何かと便利な生活用品の“しまい方”。時短に繋がり、収納上手になれる裏技を活用してみてはいかがでしょうか?
キーワード :
ファミリー・キッズ
投稿者情報

この記事を読んだ人におすすめの記事

注目のピックアップ記事

※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。
※国内ガイドの観光、温泉、イベントの検索結果の一覧や各詳細ページの表示は、コンテンツの移行に伴い、新サイト「るるぶ&more.」にご案内しております。
※おでかけ広場の会員サービスを終了いたしましたが、ご投稿いただいたクチコミなどのデータは引き続き表示させていただいております。詳しくはこちら