地域で話題の情報をお届け!

NEWS編集部レポート

NEWS編集部 東京担当

“プルドポークバーガー”と“アート”を同時に満喫! 東京・西麻布に新感覚のファストフード店『PULPLISM』オープン

“プルドポークバーガー”と“アート”を同時に満喫! 東京・西麻布に新感覚のファストフード店『PULPLISM』オープン
2018年6月1日(金)、東京・西麻布にファストフードのテイクアウトを中心に展開する『PULPLISM(パルプリズム)』がオープンしました。日本で数少ない「プルドポークバーガー」(850円/税込)が食べられるだけでなく、DJブースや若手クリエイターによる作品の展示会なども楽しめます。絶品「プルドポークバーガー」と「アート」が愉しめるクリエイティブな空間に、ぜひ足を運んでみてはいかが? ※画像はイメージ

「プルドポークバーガー」とは

「プルドポークバーガー」とは
“プルドポーク”とは、豚肩ロースやモモ肉の塊をフォークで裂けるほど柔らかく調理した料理のこと。同店ではメインである豚肉に宮崎県産“SPF豚”を使用しています。8種類のスパイスで1日漬け込んだ豚肩ロースに表面だけ焼き色をつけて、その後およそ3時間かけてじっくり低温で火入れ。柔らかくなった豚肩ロースに、4種類のオリジナルソースの中からお好みのソースをかけて丁寧に仕上げた1品です。手間を惜しまず作り上げる「プルドポークバーガー」の特徴は、ふわふわのバンズとホロホロのお肉の旨味。コールスローの食感も合わさった、絶妙なバランスがクセになるはず。 ※画像はプルドポークバーガーとポテト

手作りにこだわったオリジナルのサイドメニュー

手作りにこだわったオリジナルのサイドメニュー
王道のポテトチップスの他にも、手作りドレッシングを使用したサラダやマカロニチーズ(600円)、チーズカードやグレービーソースがかかったフライドポテト「プティン」(600円)など充実したサイドメニューを用意。さらにニューオーリンズの定番デザートである「ベニエ」(350円)は構想に1年、試作回数が100回を超えた思い入れのあるメニュー。豆乳と太白ゴマ油を使用した生地を高温でさっと揚げることで、外はサクッと中はしっとりとした食感を楽しめます。 ※価格は全て税込 ※画像はサラダ
プルドポークバーガーとベニエ

PULPLISMの“店舗デザイン”にも注目!

PULPLISMの“店舗デザイン”にも注目!
コンクリート打ちっぱなしの店内に、音響や映像など様々な仕掛けを設けることでクリエイティブな空間を演出。「TAKE ART」をコンセプトとして、定期的にイベントやアートの展示なども開催されます。 ※画像はイメージ
その他の写真
キーワード :
ニューオープン
アート
女子
グルメ
投稿者情報

NEWS編集部 東京担当

この投稿者の記事一覧を見る

関連する観光スポット&イベント

『PULPLISM』

ぱるぷりずむ

住所 東京都港区西麻布1-8-10 1階 MAP

公共交通

地下鉄六本木駅→徒歩7分

時間

11時30分~23時30分LO/24時ドリンクLO、金・土曜:11時30分~午前1時30分LO/午前2時ドリンクLO、日曜:11時30分~17時30分LO/18時ドリンクLO

休み

不定休

この記事を読んだ人におすすめの記事

注目のピックアップ記事

※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。
※国内ガイドの観光、温泉、イベントの検索結果の一覧や各詳細ページの表示は、コンテンツの移行に伴い、新サイト「るるぶ&more.」にご案内しております。
※おでかけ広場の会員サービスを終了いたしましたが、ご投稿いただいたクチコミなどのデータは引き続き表示させていただいております。詳しくはこちら