地域で話題の情報をお届け!

NEWS編集部レポート

NEWS編集部 東京担当

江戸の街並みと猫がコラボ! 東京・両国に『江戸ねこ茶屋』が期間限定オープン

期間:2018/06/15~2018/08/31

江戸の街並みと猫がコラボ! 東京・両国に『江戸ねこ茶屋』が期間限定オープン
2018年6月15日(金)から8月31日(金)にかけて、『江戸ねこ茶屋』が東京都墨田区の「両国駅広小路」にオープンします。同カフェは、浮世絵世界で本物の猫と遊べる“江戸版の猫カフェ”。江戸の街並みと猫たちに癒されてみてはいかが? ※画像はイメージ
両国は江戸にまつわる史跡が多く、「猫の恩返し(回向院の猫塚)」をはじめとして猫とも縁の深い街です。同カフェのコンセプトは、「両国のとある江戸長屋の住民は全員が猫との噂。噂を聞きつけ全国から旅人が覗きにくる」というもの。長屋をモチーフにした建物の中は浮世絵の画像データと立体造形を組み合わせて、江戸の街並みと雰囲気を表現。猫用の出入口や通り道、階段などを配置し、江戸世界で生活する猫たちを眺められる新感覚の体験を提供します。

浮世絵の画像データと立体造形を組み合わせたコンテンツ

浮世絵の画像データと立体造形を組み合わせたコンテンツ
会場内には「ねこ茶屋」を中心とした町があり、「ねこ広場」「ねこ遊郭」「ねこ湯」など様々なゾーンで猫たちと遊ぶことができます。「ねこ広場」では、猫の劇団による見世物が行われている広場を再現。浮世絵に描かれた猫を拡大した“見世物劇団一座”や、本物の猫と一緒に写真が撮れます。また「ねこ神社」にはおみくじも登場。 ※画像はイメージ

<オリジナルグッズの一部>

Tシャツ、クッション、巾着袋、ブックカバー、スマホケース、手ぬぐい、タオル、クリアファイル、畳コースター、シール、豆皿など多数のオリジナルグッズが販売されます。
「クッション」 ※画像はイメージ
「シール」 ※画像はイメージ
「Tシャツ」 ※画像はイメージ
「豆皿」 ※画像はイメージ
「手ぬぐい」 ※画像はイメージ

猫好きアーティストも協力。保護猫問題解決のための活動をサポート

空前の猫ブームの裏で保護猫の数は依然として多く、各自治体も問題解決の活動を進めつつあります。同カフェは問題への関心を高めるきっかけになることを目指し、収益金の一部を保護猫問題解決のための活動支援金にする活動を実施。さらに賛同している猫好きのアーティストにも協力してもらい、各限定1枚のオリジナル絵馬を制作します。

『江戸ねこ茶屋』概要

日時:2018年6月15日(金)~8月31日(金)、11~19時最終入場。入場料(60分/税込):大人1,500円(1,000円)、中学生・高校生1,200円(800円)、20分延長ごとに500円 ※カッコの中は前売りチケット料金。 注意事項:猫を抱っこする、大声を出す、猫を追いかけるなどの行為は禁止。猫アレルギーが心配な方は入場できません。小学生以下は入場できません。写真撮影時のフラッシュは禁止。飲食の持ち込み、ペットの同伴は禁止。
キーワード :
アート
女子
かわいい
イベント
投稿者情報

NEWS編集部 東京担当

この投稿者の記事一覧を見る

関連する観光スポット&イベント

『江戸ねこ茶屋』

えどねこちゃや

開催期間

2018年6月15日 (金)~8月31日 (金)
11~19時最終入場

主会場名

JR両国駅西口イベント広場「両国駅広小路」

住所

東京都墨田区横網1-3 MAP

公共交通

JR両国駅西口→徒歩1分

料金

大人1,500円(1,000円)、中学生・高校生1,200円(800円) ※カッコの中は前売りチケット

URL

https://edonekochaya.com

この記事を読んだ人におすすめの記事

注目のピックアップ記事

※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。
※国内ガイドの観光、温泉、イベントの検索結果の一覧や各詳細ページの表示は、コンテンツの移行に伴い、新サイト「るるぶ&more.」にご案内しております。
※おでかけ広場の会員サービスを終了いたしましたが、ご投稿いただいたクチコミなどのデータは引き続き表示させていただいております。詳しくはこちら