地域で話題の情報をお届け!

NEWS編集部レポート

NEWS編集部

東京とは思えない大自然! GWに行きたい多摩川ラフティング&奥多摩の観光スポット

東京とは思えない大自然! GWに行きたい多摩川ラフティング&奥多摩の観光スポット
東京とは思えないほどの大自然やのどかな風景が広がる奥多摩エリアは、日帰り旅行におススメ。今回は、多摩川の魅力や奥多摩の観光スポットをご紹介しましょう。

日帰りで楽しめる多摩川ラフティング!

山梨県と東京都、神奈川県を流れる一級河川・多摩川ではラフティングを体験できます。東京都・奥多摩からスタートするラフティングは、東京23区から日帰りでも体験可能。もちろん近くにはキャンプ場や温泉もあるので、宿泊で計画を立てるのもおススメです。
多摩川は関東屈指のリバースポットと呼ばれ、年間を通して水量や水質が安定しており、ラフティング初心者にうってつけの場所。また四季折々の風景を見ることができ、シーズンを通して大自然が満喫できるのもポイントです。
ラフティングのツアーは様々な種類が用意されており、開催期間は大体3月~11月頃まで。3時間ほどのコースや半日~1日のコースなどが用意されています。また、コースにはBBQやキャニオニング(渓流を冒険すること)がオプションについたものも。みんなで川を下った後、もう一つ思い出を作れるのも嬉しいですね。
体験者からは「ラフティング楽しかった~! 綺麗な多摩川を満喫できたし、めちゃくちゃ落ちちゃったけど、その体験も面白かったな!」「多摩川の上流は東京都とは思えないほど水が綺麗で風景ものどか。流れの緩やかな所で川に飛び込んで泳いだり浮かんだりもできて最高」「ずっと行きたかった多摩川ラフティング行ってきた! やっぱり水遊び楽しい! 終わったあとのBBQも良かった!」といった大好評の声が上がっています。

奥多摩の観光スポット!

奥多摩の観光スポット!
奥多摩には、ラフティング以外にも観光スポットがあります。「日原鍾乳洞」は、かつて山岳信仰のメッカとして知られ、現在は観光客で賑わいをみせているスポット。年間を通じて11度の洞内は夏は涼しくて冬は暖か。洞窟内部は関東随一といわれる規模を誇り、幻想的な鍾乳石や石筍が見られます。
さらに、「小河内ダム」もおススメの観光スポットのひとつ。展望塔には小河内ダムの歴史がわかる資料が展示され、展望室からは絶景を望むことができます。また、ダムのすぐそばにある「水と緑のふれあい館」では“小河内ダムカレー”が。1日20食限定のこのカレーは、管理船に見立てたゆで卵や針葉樹林に見立てたブロッコリー、エレベータ塔や展望塔に見立てたフライ、ジェットフロートゲートに見立てたソーセージなどで小河内ダムを再現したフォトジェニックな一品。
実際に食べた人たちからは「ダム湖に浮かぶブイの芸が細かい! スパイシーでとっても美味しかった!」「念願の小河内ダムカレー! 限定20食なんで朝から食べてしまったよ」「小河内ダムカレー美味しかった! ゴジラになった気分で食した」といった声が上がっています。
自然やのどかな風景が魅力の奥多摩。予定を組んで奥多摩におでかけしてみてはいかがでしょうか?
投稿者情報

この記事を読んだ人におすすめの記事

注目のピックアップ記事

※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。
※国内ガイドの観光、温泉、イベントの検索結果の一覧や各詳細ページの表示は、コンテンツの移行に伴い、新サイト「るるぶ&more.」にご案内しております。
※おでかけ広場の会員サービスを終了いたしましたが、ご投稿いただいたクチコミなどのデータは引き続き表示させていただいております。詳しくはこちら