地域で話題の情報をお届け!

NEWS編集部レポート

NEWS編集部 東京担当

絵画・屏風絵・庭園で桜を満喫! 東京・上野で『博物館でお花見を』開催

期間:2018/03/13~2018/04/08

絵画・屏風絵・庭園で桜を満喫! 東京・上野で『博物館でお花見を』開催
2018年3月13日(火)から4月8日(日)にかけて、東京・上野で『博物館でお花見を』が開催中。「東京国立博物館」で開催される同イベントでは、桜にちなんだ名品や庭園に咲く約10種類の桜を楽しむことができます。“桜”づくしの東京国立博物館で春を満喫しましょう。

本館桜めぐり

日本美術を展示する本館には、国宝「花下遊楽図屏風」などの桜を描いた絵画や桜をモチーフにした工芸品、サクラ材の仏像など桜に関連した様々な作品を展示。該当作品のキャプションには“桜マーク”がついています。

桜スタンプラリー

桜スタンプラリー
イベント期間中、本館展示室のポイントでスタンプが押せる桜スタンプラリーを開催。5つ揃えるとオリジナル缶バッジがプレゼントされます。 ※台紙の配布・バッジ引換え場所:本館エントランス(引換えは10時~閉館)

国宝「花下遊楽図屏風(かかゆうらくずびょうぶ)」(部分)

国宝「花下遊楽図屏風(かかゆうらくずびょうぶ)」(部分)
満開の桜の下、歌舞音曲の宴を楽しむ人々の姿が描かれた作品。400年前のお花見の賑わいを今に伝えます。 ※右隻の中央部分は、関東大震災で失われてしまいました。筆:狩野長信(江戸時代・17世紀)本館2室(国宝室)で展示。

重要文化財「厩図屏風(うまやずびょうぶ)」(部分)

重要文化財「厩図屏風(うまやずびょうぶ)」(部分)
馬たちの繋がれた厩の庭先には満開の桜の花が。桜を見上げるかのような鶴の姿にも注目です。(室町時代・16世紀) ※本館3室で3月20日(火)から展示。

「観桜図屏風(かんおうずびょうぶ)」(部分)

「観桜図屏風(かんおうずびょうぶ)」(部分)
「伊勢物語」第八十二段「渚(なぎさ)の院(いん)」の一場面。狩りに出掛けた先で花見に興じる惟喬(これたか)親王らが描かれています。筆:住吉具慶(江戸時代・17世紀)、寄贈:西脇健治 ※本館7室で3月20日(火)から展示。

「吉野山蒔絵棚(よしのやままきえたな)」

「吉野山蒔絵棚(よしのやままきえたな)」
全面に桜花爛漫の山水を描き、平安時代からの桜の名所・吉野山を表現した作品。(江戸時代・19世紀)本館8室で展示。

「桜賦(さくらのふ)」

「桜賦(さくらのふ)」
桜が日本を代表する花であり、昔から人々の感情を呼び起こさせたことを力強く述べています。筆:佐久間象山(江戸時代・19世紀)、寄贈:会津秀雄 ※本館8室で3月20日(火)から展示。

「飛鳥山花見(あすかやまのはなみ)」

「飛鳥山花見(あすかやまのはなみ)」
飛鳥山は8代将軍吉宗ゆかりの桜の名所で、花見客で賑わいました。ちょっと飲み過ぎた美人の姿も。筆:鳥居清長(江戸時代・18世紀) ※本館10室で3月20日(火)から展示。

「振袖 染分縮緬地枝垂桜菊短冊模様」(ふりそで そめわけちりめんじしだれざくらきくたんざくもよう)

「振袖 染分縮緬地枝垂桜菊短冊模様」(ふりそで そめわけちりめんじしだれざくらきくたんざくもよう)
枝垂桜が肩にかかる模様が優美な友禅染。模様を上下に分けるスタイルは江戸時代中期の流行といわれています。(江戸時代・18世紀)本館10室で展示。

「不動明王立像(ふどうみょうおうりゅうぞう)」

「不動明王立像(ふどうみょうおうりゅうぞう)」
褐色のサクラ材は、香木であるビャクダンの代用材として仏像制作に用いられたようです。(平安時代・11世紀)寄贈:岡野哲策。本館11室で展示。

「色絵桜樹図透鉢(いろえおうじゅずすかしばち)」

「色絵桜樹図透鉢(いろえおうじゅずすかしばち)」
真横から見ると、透かし表現を通して鉢に広がる満開の桜がより楽しめます。作:仁阿弥道八(江戸時代・19世紀)。本館13室で展示。

「嵐山春景(あらしやましゅんけい)」

「嵐山春景(あらしやましゅんけい)」
手前に桂川が流れ、山の斜面に満開の桜が描かれています。嵐山は平安時代以来、桜の名所の一つ。筆:塩川文麟(明治6年[1873])寄贈:塩川文麟 ※本館18室で3月20日(火)から展示。

春の庭園開放

春の庭園開放
庭園を期間限定で開放。展示室で桜の作品を見たあとは、庭園でゆったりとお花見を楽しめます。また3月30日(金)・31日(土)・4月6日(金)・7日(土)には桜ライトアップを実施。※悪天候により中止の場合あり。期間:3月13日(火)~5月20日(日)10~16時(桜ライトアップ実施日は19時30分まで)。さくらカフェ:3月13日(火)~5月20日(日)10~16時(桜ライトアップ実施日は18時まで)※ラストオーダーは閉店の15分前。※悪天候により中止の場合あり

桜イベント

そのほか、「鑑賞ガイド」や「桜ギャラリートーク」、「桜セミナー」、「桜ワークショップ」などのイベントも開催されます。事前申し込み制のイベントもあるので、詳細は「東京国立博物館」の公式サイトを要チェック。
キーワード :
アート
桜・お花見
女子
季節を楽しむ
イベント
投稿者情報

NEWS編集部 東京担当

この投稿者の記事一覧を見る

関連する観光スポット&イベント

『博物館でお花見を』

はくぶつかんでおはなみを

開催期間

2018年3月13日(火)~4月8日(日)
9時30分~17時、金・土曜は21時まで、4月1日(日)・8日(日)は18時まで ※入館は閉館の30分前まで ※3月19日(月)は休館日

主会場名

東京国立博物館

住所

東京都台東区上野公園13-9 MAP

公共交通

JR上野駅公園口→徒歩10分

料金

一般620円(520円)/大学生410円(310円)※( )は20名以上の団体料金 ※高校生以下、および満18歳未満と満70歳以上は無料(入館の際に年齢のわかるものを提示)、※障がい者とその介護者1名は無料(入館の際に障がい者手帳などを提示)

URL

http://www.tnm.jp/

この記事を読んだ人におすすめの記事

注目のピックアップ記事

※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。
※国内ガイドの観光、温泉、イベントの検索結果の一覧や各詳細ページの表示は、コンテンツの移行に伴い、新サイト「るるぶ&more.」にご案内しております。
※おでかけ広場の会員サービスを終了いたしましたが、ご投稿いただいたクチコミなどのデータは引き続き表示させていただいております。詳しくはこちら