地域で話題の情報をお届け!

NEWS編集部レポート

NEWS編集部 京都担当

30年目を迎える京都の春の風物詩♪ 平安神宮で桜のライトアップと音楽のコラボを楽しめる「紅しだれコンサート」が開催!

期間:2018/04/05~2018/04/08

30年目を迎える京都の春の風物詩♪ 平安神宮で桜のライトアップと音楽のコラボを楽しめる「紅しだれコンサート」が開催!
街中が可憐なピンクに染まり、京都中がもっとも華やぐ春。この時期だけの絶景スポットはもちろん、桜の季節に楽しみたいイベントも目白押しです! 今回は、しだれ桜の名所・平安神宮で開催される、幻想的なコンサートをご紹介。2018年は開催30年目を迎える記念すべき年とあって、出演者も日本を代表する顔ぶれがそろっています! 京都の春とともに、豪華なアーティストによるステージを堪能しませんか?
京都・平安神宮にて、4月5日(木)・6日(金)・7日(土)・8日(日)に開催される「平安神宮 紅しだれコンサート2018」。当日は、雅楽師・東儀秀樹さん、バイオリニスト・宮本笑里さん、尺八演奏者・藤原道山さん、アコースティックギターデュオ・DEPAPEPEら、日本を代表するアーティストが出演。雅やかな雰囲気の中、東神苑・貴賓館をステージに美しい音色が届けられます。

出演アーティストはこちら!

出演アーティストはこちら!
奈良時代から1300年間雅楽を世襲してきた楽家・東儀家に生まれた東儀秀樹さん。宮内庁楽部に在籍経験があり、日本を代表する雅楽師として不動の地位を確立。現在は、雅楽器の持ち味を生かした独自の表現に情熱を傾けています。
14歳で、ドイツ学生音楽コンクールデュッセルドルフ第1位に輝いたバイオリニスト・宮本笑里さん。「NEWS ZERO」の元キャスターとしても知られ、クラシックファンだけでなく多くの人々を魅了し続けています。
10歳より尺八を始め、人間国宝の初代 故・山本邦山さんに師事した尺八演奏者・藤原道山さん。数多くのCDをリリースする一方で、現在は坂本龍一さんや野村萬斎さんら、アーティストとのコラボを積極的に行っています。
徳岡慶也さんと三浦拓也さんによる、アコースティックインストゥルメンタルギターデュオ「DEPAPEPE(デパペペ)」。インストゥルメンタルアーティストのデビュー曲としては、日本音楽史上初のオリコンベスト10にランクイン! アコースティックギター2本で歌っているかのようなメロディーを奏で、喜怒哀楽などの感情から四季折々の情緒まで表現します。
期間中は、平安神宮内の南神苑と東神苑の紅しだれ桜に特別ライトアップを実施。会場にはあえて客席が設けられず、ライトアップされた幻想的な神苑を散策しながら、東神苑・栖鳳池のほとりで音楽に耳を傾けるスタイルとなっています。和洋さまざまな音楽と、美しくライトアップされた京都の桜の奇跡のコラボレーションは必見! 目と耳はもちろん、五感で春の平安神宮を楽しんでくださいね♪

「平安神宮紅しだれコンサート」とは?

「平安神宮紅しだれコンサート」とは?
平安遷都1200年記念事業の一環として、平安神宮という聖域を舞台に、京都新聞が1989年より開催しているイベント。例年、コンサート開始の2時間前には1000人を超える行列ができるほどの人気ぶりで、京都の春の風物詩となっています。
明治時代の代表的な日本庭園として広く内外に知られている平安神宮神苑は、社殿を取り囲むように東・中・西・南の4つの庭から構成されています。総面積3万3千平方メートル(約1万坪)の広大な池泉回遊式庭園は、明治の有名な造園家・7代目小川治兵衛らの手によるもので、春の紅しだれ桜はもちろん、初夏の杜若や花菖蒲、秋の紅葉、冬の雪景色と、四季折々に風光明媚な趣を見せてくれます。コンサート前の明るい時間に、ゆっくり散策するのもおすすめ!
投稿者情報

NEWS編集部 京都担当

この投稿者の記事一覧を見る

関連する観光スポット&イベント

平安神宮 紅しだれコンサート 2018

へいあんじんぐう べにしだれこんさーと 2018

開催期間

4月5日(木)・6日(金)・7日(土)・8日(日)
18時15分~21時(最終入場は20時30分)。コンサートは18時40分~19時20分、19時50分~20時30分の各日2回実施。※いずれも雨天決行。

主会場名

平安神宮

住所

京都府京都市左京区岡崎西天王町 MAP

TEL

075-241-6170/「平安神宮紅しだれコンサート」事務局(京都新聞COM 営業部内)。※土・日曜、祝日を除く10~17時受付。

公共交通

京都市営地下鉄東山駅1番出口→徒歩10分。またはJR京都駅→市バス5・100系統で25分、岡崎公園 美術館・平安神宮前下車、徒歩すぐ。または京阪神宮丸太町駅→徒歩15分

駐車場

なし

料金

入場料(小学生~大人):当日2,000円/前売1,700円(前売券は入場日指定)。※未就学児は無料。

URL

http://www.kyoto-np.co.jp/kp/kyo_np/info/moyoosi/2018benishidare/

この記事を読んだ人におすすめの記事

注目のピックアップ記事

※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。
※国内ガイドの観光、温泉、イベントの検索結果の一覧や各詳細ページの表示は、コンテンツの移行に伴い、新サイト「るるぶ&more.」にご案内しております。
※おでかけ広場の会員サービスを終了いたしましたが、ご投稿いただいたクチコミなどのデータは引き続き表示させていただいております。詳しくはこちら