地域で話題の情報をお届け!

NEWS編集部レポート

NEWS編集部

お子様から鉄道ファンまでもう夢中!GWは『京都鉄道博物館』に行こう!

お子様から鉄道ファンまでもう夢中!GWは『京都鉄道博物館』に行こう!
2016年4月29日に開業した『京都鉄道博物館』は、“地域と歩む鉄道文化拠点”をコンセプトとする日本最大の鉄道博物館。資料収集や調査、展示など、鉄道に関連する事柄を軸に、地域との共生そして活性化を担う施設としての存在を目指しています。

京都鉄道博物館で「見る」「さわる」「体験する」!

■「見る」
同博物館では、蒸気機関車から新幹線まで、日本の近代化を牽引した53両もの車両を展示。鉄道ファンにはたまらない貴重な車両の数々に感動!鉄道システム全体が見渡せる巨大鉄道ジオラマでは、実物車両の約1/80スケールの鉄道模型がジオラマ内を走行。その精巧さに驚かされます!
鉄道ジオラマ
■「さわる」
昭和の駅と現在の駅との役割が比較できる再現展示や、車輪・連結の仕組みが分かる装置、実際の駅のプラットホームに設置されている各種の安全対策など、“さわって”学べるコーナーも。触れることによる新たな学びもまた楽しい経験に!
動力を伝える装置(歯車)
■「体験する」
1935年から製造された小型の蒸気機関車「C56形160号機」や日本で最初の量産タイプの旅客用蒸気機関車「8620形8630号機」などの実物の蒸気機関車が牽引し、実際に乗車・走行する「SLスチーム号」。“レトロ”をコンセプトとする「SLスチーム号」に乗って、往復1km、約10分間の蒸気機関車の旅を楽しみましょう♪走行する蒸気機関車のスケジュールは、当日インフォメーションにて確認を。
SLスチーム号

今がチャンス!GWまでのイベントを要チェック

■「500 TYPE EVA展」
2015年11月より運行を開始、2018年5月13日(日)にいよいよ運行終了を迎える、山陽新幹線×エヴァンゲリオンのコラボで誕生した「500 TYPE EVA」車両。それに伴い、同博物館にて「500 TYPE EVA 展」も5月6日(日)まで開催中。「500 TYPE EVA」仕様のラッピング車両や鉄道ジオラマでの500 TYPE EVAの走行も見ることができます。
「500 TYPE EVA」仕様ラッピング
■「きかんしゃトーマスとなかまたち Go!Go!スタンプラリー」
子供たちに人気の「きかんしゃトーマス」イベントも現在同博物館で開催中!スタンプを集めて特製シールがもらえる「きかんしゃトーマスとなかまたち Go!Go!スタンプラリー」や、トーマスと一緒に撮影ができるフォトスポット、特別映像の上映など、楽しい企画がいっぱい。なかでもトーマスの全キャラクターが勢ぞろいする、迫力のプラレールトーマスタワーは京都初登場!京都鉄道博物館オリジナルのプラレールトーマスジオラマも人気です。
きかんしゃトーマスとなかまたち Go!Go!スタンプラリー

鉄道博物館ならでは!レストランメニュー&お弁当

鉄道博物館ならでは!レストランメニュー&お弁当
窓の外にはJR京都線や東海道新幹線などの多くの列車が走行する館内レストランでは「梅小路扇形車庫カレー」(税込1,000円)や「ドクターイエローハヤシライス(※画像写真)」(税込1,100円)といった鉄道博物館らしいメニューが。
プロムナードにおいては、ドクターイエローの形をした「923形ドクターイエローランチBOX」(税込1,350円)、京都らしい華やかな「舞妓弁当」(税込1,000円)などのオリジナル弁当の販売も。かわいい公式キャラクターウメテツが描かれたオリジナルカード付きの「ウメテツランチBOX(※画像写真)」(税込1,500円)は、お子様に大人気!

ここでしか買えない限定グッズも!

ここでしか買えない限定グッズも!
ミュージアムショップでは、ここでしか買えない「ウメテツぬいぐるみ」(税込2,160円)をはじめ、ここでしか買えないグッズの販売も。本格的な鉄道ファンにはたまらないグッズや、お子様に喜ばれるグッズまで取り揃えられています。
ジオラマから実物のSLまで、幅広く展示されている「京都鉄道博物館」。その展示面積においては、約31,000平方メートルにもなるとのこと!お子様から本格的な鉄道ファンまでをも満足させる、日本最大級の鉄道博物館に是非足をお運びください♪
画像提供:京都鉄道博物館
キーワード :
ゴールデンウィーク
投稿者情報

関連する観光スポット&イベント

京都鉄道博物館

きょうとてつどうはくぶつかん

住所 京都府京都市下京区観喜寺町 MAP
TEL 0570-080-462

公共交通

JR京都駅→B3バス乗り場から市バス急行103系統で10分、バス停:梅小路公園・京都鉄道博物館前下車、徒歩すぐ。または市バス205系統でバス停:梅小路公園下車、徒歩3分。またはJR京都駅→徒歩20分

駐車場

なし

料金

一般1200円、大学生・高校生1000円、中学生・小学生500円、幼児(3歳以上)200円

時間

10時~17時30分(入館~17時)

休み

水曜(祝日の場合は開館:3月21日、28日、4月4日、5月2日は営業)、年末年始

URL

http://www.kyotorailwaymuseum.jp/

この記事を読んだ人におすすめの記事

注目のピックアップ記事

※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。
※国内ガイドの観光、温泉、イベントの検索結果の一覧や各詳細ページの表示は、コンテンツの移行に伴い、新サイト「るるぶ&more.」にご案内しております。
※おでかけ広場の会員サービスを終了いたしましたが、ご投稿いただいたクチコミなどのデータは引き続き表示させていただいております。詳しくはこちら