地域で話題の情報をお届け!

NEWS編集部レポート

NEWS編集部 北海道担当

国内外の映画が大集合! 北海道・夕張市で『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018』開催

期間:2018/03/15~2018/03/19

国内外の映画が大集合! 北海道・夕張市で『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018』開催
2018年3月15日(木)から19日(月)にかけて、「合宿の宿ひまわり」ほか北海道・夕張市内の会場で『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018』が開催されます。国内外の映画が集結する同イベント。劇場公開前の作品も見られるチャンスをお見逃しなく。 ※画像はオープニング作品の「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」
『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018』とは、SF、ホラー、ファンタジー、アドベンチャー、アクション、サスペンスなど、イマジネーションとエンタテインメント性豊かな“ファンタスティック映画”が集結する映画祭。新しい才能の発見・育成や、映画による文化交流・相互理解を通じて、市民、映画人、観客のコミュニケーションによる出会いの場を提供します。
同映画祭の主軸は「招待作品部門」の5作品。劇場公開前の話題作をいち早く観ることができます。ほか、多くのクリエーターを輩出してきた国内屈指のコンペ部門「ファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門」には9作品、ショートコンペ部門「インターナショナル・ショートフィルム・コンペティション部門」には20作品、おススメのファンタスティック作品をカテゴリーに分けて上映する「ゆうばりチョイス部門」には65作品が集結。ほかにも映画人にスポットを当てた上映やトーク、ゆうばりならではの企画などみどころ満載のイベントです。

招待作品部門

招待作品部門
「ダンガルきっと、つよくなる」「モリーズ・ゲーム」「バトル・オブ・ザ・セクシーズ(原題)」「MIFUNE: THE LAST SAMURAI」「三船敏郎レトロスペクティブ企画 羅生門デジタル完全版」 ※画像は「バトル・オブ・ザ・セクシーズ(原題)」(C)2017 Twentieth Century Fox

「ファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門」(ノミネート作品)

「ファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門」(ノミネート作品)
「東京ノワール」「温泉しかばね芸者」「スロータージャップ」「ED あるいは(君がもたらす予期せぬ勃起)」「キュクロプス」「穴を掘る」「ナナちゃん、Oh mein Gottしよ▽」(※▽はハート)「精霊カフェ」「パズル」 ※画像は「スロータージャップ」(C)2017 Sakamoto Yugo

「インターナショナル・ショートフィルム・コンペティション部門」(ノミネート作品)

「インターナショナル・ショートフィルム・コンペティション部門」(ノミネート作品)
「Candy.zip」「EUTERPE」「パレオノート」「Loop」「NO LINE」「Black Dog」「いたずらリスト」「おるすばんの味。」「Celebrator」「そうして私たちはプールに金魚を、」「Apollo 11」「くらまの火祭」「清掃員」「父の日」「アリタの試練」「さよならバルタザール」「ドントクライ」「白いソニア」「ザ・シュヴァリエ」「ぱん。」 ※画像は「ぱん。」(C)2017 Yubari Fanta

「ゆうばりチョイス部門(短編)」(ラインナップ)

「ゆうばりチョイス部門(短編)」(ラインナップ)
「アイドルスナイパーNEO VSパンダスナイパー」「FILAMENT」「INVADER」「アメリカ」「イリオンとカリシア」「おまじないa spell」「カマキリの夜」「ふたりのり」「映画の妖精フィルとムー」他 ※画像は「アメリカ」(C)PAP

「ゆうばりチョイス部門(長編)」(ラインナップ)

「ゆうばりチョイス部門(長編)」(ラインナップ)
「スモーキング・エイリアンズ」「カメラを止めるな!」「コーヒーノワールブラック・ブラウン」「トウキョウ・リビング・デッド・アイドル」「スティルライフオブメモリーズ」「セメタリーシスターズ」「デス・トランス」「香港大師」「ゴーストマスク~傷~」「積むさおり」「天然☆生活」「ゆずり葉の頃」「RE:BORN」 ※画像は「スモーキング・エイリアンズ」(C)2018 SMOKING ALIENS PARTNERS

「東映presents HKT48×48人の映画監督たち」ゆうばりセレクション

「東映presents HKT48×48人の映画監督たち」ゆうばりセレクション
アイドルグループHKT48のアルバム用に、「銀魂」の福田雄一、「呪怨」の清水崇をはじめ、48人の監督が一人ひとりのメンバーのために48作品の短編映画を制作。『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018』では、48作品の中から19作品がセレクションされ上映されます。 ※画像は「見えない棘」監督:清水崇、主演:宮脇咲良

<協賛企画> フォービデンゾーン マメゾウピクチャーズPresents

昨年から試験的に開始されたフォービデンゾーン企画。洗練された“大人のファンタスティックワールド”を堪能できるプログラムとして厳選した作品を届けます。(全7作品R15指定)

<協賛企画> 特別上映企画 スター・チャンネルPresents

「6才のボクが、大人になるまで。」「ビフォア・サンセット」「スクール・オブ・ロック」など、多彩な作品で観客を魅了してきたハリウッドを代表する映画監督リチャード・リンクレイターの軌跡を追うドキュメンタリーを特別上映。トルストイの影響で書き始めたという直筆の日記、仕事仲間のクリエイターや豪華俳優陣らによるインタビュー、撮影時の実際の映像を織り混ぜ、常に新しいことに挑戦し続けるリチャード・リンクレイターの生き様に迫ります。

“ゆうばり”恒例イベントも!

【ゲスト大集合! 恒例フォトセッション】毎年の恒例行事。映画祭に訪れているゲスト(監督・俳優、映画人)が一堂に会し、顔を揃えての記念撮影を行います。開放感溢れる屋外で、普段見られないゲストの素の表情が垣間みれるかも?(会場:合宿の宿ひまわり前予定)
【映画祭名物“ストーブパーティー”】北海道ならではの食材を使用し、夕張市民の皆さんが野外バーベキューで観客をおもてなし。寒空の中、市民、ゲスト、観客、みんなでストーブを囲み談笑しながら食べる食事は、必ず楽しい思い出の1シーンとなることでしょう。(会場:本町商店街お買い物駐車場予定)
【ゆうばりファンタランド大賞(観客賞)】会期中のアンケートから「作品賞」「人物賞」「イベント賞」「ゆうばり市民賞」の4賞を決定し、映画祭最終日の“さよならビュッフェ”にて表彰式を行います。

『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018』チケット概要

オープニング券(開会式セレモニー&オープニング作品)前売・当日1,500円。パーティー券(オープニングパーティー)前売のみ5,000円。ゆうばりファンタパスポート(OP作品及びパーティーを除く全ての作品が鑑賞可能なチケット)前売2,500円、当日3,000円。チケットの購入方法などは公式サイトを要チェック
キーワード :
アート
女子
デート
イベント
投稿者情報

NEWS編集部 北海道担当

この投稿者の記事一覧を見る

関連する観光スポット&イベント

『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018』

ゆうばりこくさいふぁんたすてぃっくえいがさい にせんじゅうはち

開催期間

2018年3月15日(木)~19日(月)

主会場名

合宿の宿ひまわり ほか

住所

北海道夕張市鹿の谷山手町18(合宿の宿ひまわり) MAP

料金

オープニング券:前売・当日1,500円。パーティー券:前売のみ5,000円。ゆうばりファンタパスポート:前売2,500円、当日3,000円

URL

http://yubarifanta.com/

この記事を読んだ人におすすめの記事

注目のピックアップ記事

※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。