ツウなおでかけ新発見!

おでかけニストの連載コラム

温泉ビューティ研究家・石井宏子のキレイになる温泉旅

とことんあったか、つやつや潤う冬の美人温泉~野沢温泉・住吉屋~

とことんあったか、つやつや潤う冬の美人温泉~野沢温泉・住吉屋~
長野県・野沢温泉 住吉屋の大浴場は、ロマンティックな丸いタイルとステンドグラスの窓。カラフルな優しい光が温泉に映っています。自然湧出する自家源泉は、この内湯の奥の下にあるので、ほぼ直結で注がれるフレッシュな源泉は、熱くてパワフル。じんじんと身体の芯まで温まり、あっという間にどっと発汗してきます。泉質は含硫黄-ナトリウム・カルシウム-硫酸塩温泉、pH8.9アルカリ性。ガス性の硫黄よりもお湯に溶け込んでいるイオン型の硫黄が多いので白濁にはならないのですが、含有量はたっぷり。硫黄の香りも漂ってしっかりと温泉らしさを感じます。硫黄で血行促進、硫酸塩泉でしっとり保湿。つやつや潤う冬の肌にうれしい温泉です。

冬の温泉宿はこたつがうれしい

冬の温泉宿はこたつがうれしい
雪の中をお宿へ向かって、お部屋に行ったら、こたつ。これはうれしい。まずは、こたつでちょっと休憩。ぬくぬくとあったかい日本の幸せですね。

あれ?温泉まんじゅうと「徳利?」

あれ?温泉まんじゅうと「徳利?」
あれ?こたつの上には、温泉まんじゅうと「とっくり」が置かれています。この「とっくり」の中身は温泉。住吉屋は敷地に自然湧出の自家源泉を持ち、飲むことも可能。玄関に飲泉口があるのですが、お部屋にはとっくりで用意。ほんのりコクと塩味があって美味しい。飲泉はお猪口1杯くらいの量をちびちびと、少しずつ飲むのがよいので、とっくりとお猪口でお部屋にあるのはとってもうれしい。内臓の活性をサポートします。

地元の野菜がごちそうの郷土料理に!

地元の野菜がごちそうの郷土料理に!
住吉屋に泊まる、もう一つのお楽しみは食事。地元のおかあさんが作る郷土料理の取り回し鉢と、板前さんの旬菜会席料理の二本立てはこの宿だけのお楽しみ。長寿日本一に何度も輝いている長野県。地元の食材を冬でも美味しくいただく知恵と文化が詰まった郷土料理もバラエティに富んでいます。

どれにしようか、幸せ過ぎる取り回し鉢

どれにしようか、幸せ過ぎる取り回し鉢
取り回し鉢は8種類あって夕食に3品、好きなものを選べる宿泊プランがあります。真っ白で繊細な“なます”はじゃがいもから作られています。シャキシャキとした歯ごたえと上品な甘酸っぱさは後を引く美味しさ。地元の常盤牛蒡は太いのに中までジューシーで柔らか。どっしり、つやつや。中までほっくりの塩煮芋。大きなキクラゲはぷるぷるコリコリでピリ辛な味付けがたまりません。左上から、カレー芋、芋がら煮つけ、花豆ふっくら煮、ぜんまい煮、いもなます、塩煮芋、ごぼう丸煮、きくらげ山家煮。

和牛の朴葉焼きは地元の薬味で

和牛の朴葉焼きは地元の薬味で
取り回し鉢に続いて、美しい旬菜会席。メインの和牛の朴葉焼きは肉厚でジューシー。塩、山葵、“かんずり”という地元の唐辛子などを薬味にいただきます。ぜひ、お料理とあわせたいのは、雪の中で熟成させた限定の地酒「水尾・雪中貯蔵」、野沢温泉だからこそいただける銘酒です。
キーワード :
ヘルシーごはん
温泉
女子
季節を楽しむ
グルメ
投稿者情報

温泉ビューティ研究家 石井宏子

この連載の記事一覧を見る

この記事を読んだ人におすすめの記事

注目のピックアップ記事

※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。
※国内ガイドの観光、温泉、イベントの検索結果の一覧や各詳細ページの表示は、コンテンツの移行に伴い、新サイト「るるぶ&more.」にご案内しております。
※おでかけ広場の会員サービスを終了いたしましたが、ご投稿いただいたクチコミなどのデータは引き続き表示させていただいております。詳しくはこちら