ツウなおでかけ新発見!

おでかけニストの連載コラム

温泉ビューティ研究家・石井宏子のキレイになる温泉旅

野菜料理の美味しさに感激!ゆるゆる温泉旅~新潟県・栃尾又温泉~

野菜料理の美味しさに感激!ゆるゆる温泉旅~新潟県・栃尾又温泉~
バス停からゆっくりと登る坂道。この道に来ただけで日常から少しずつ解き放たれて行くような気がします。夏もそろそろ終わりかなあ。そんな頃になると、ふと行きたくなる温泉があります。新潟県・栃尾又温泉、ここにとびきり美味しく野菜を食べさせてくれるお宿があるんです。

全8室の小さなお宿「宝巌堂」

全8室の小さなお宿「宝巌堂」
「宝巌堂」は全8室の小さなお宿。おひとり様でも泊まれるし、気を使わない友達と行くのもいい感じ。ゆるゆるとできる館内にはさりげなくアンティークな家具があったりして素敵です。
詳細:宝巌堂

したの湯、うえの湯、おくの湯。3つの“ぬる湯”温泉

したの湯、うえの湯、おくの湯。3つの“ぬる湯”温泉
栃尾又温泉は3軒の宿がありますが、どのお宿に泊まってもみんな共同湯へ入りに行きます。源泉温度は37℃。体温と同じくらいの“ぬる湯”をそのままかけ流しにしている湯船は、夏の終わりのお疲れ気味な体と肌を優しく包んでくれます。写真は癒しの雰囲気が漂う「したの湯」。レトロなタイルのつるっとした肌触り。湯船の淵の石に頭をのせてぼーーーっとしていると、時の立つのも忘れてしまいます。泉質は単純弱放射能泉、アルカリ性の柔らかなお湯は天然のラジウムを含有し、体を温めて肌と体に元気を与えてくれます。ぬる湯の隣には加温した温かい湯船もあって、ちょっと体を温めたりして、温冷交互浴で疲れを癒します。共同湯は3つあり、したの湯+うえの湯と、おくの湯が日替わりで男女入れ替えになります。

魚沼の夏野菜が“ごちそう料理”に

魚沼の夏野菜が“ごちそう料理”に
ゴーヤ、きゅうり、トマト、自家製のえご練りなど、夏野菜たちが絶品料理になって登場する夕食。一つ一つの野菜の味わいが濃くて深いことに感動します。新潟の地酒もずらりとそろっていますので、冷酒もちょっといただいたりして・・・。

忘れられない「トマトのトマトあえ」

忘れられない「トマトのトマトあえ」
「トマトのトマトあえ」。つまりトマトだけで作るお料理なのですが、これが本当に美味。口に入れた瞬間は甘味が広がり、その後ふわーっとトマトの香りに満たされて、ジューシーで美味しい。日によって大きなトマトやミニトマトなどいろいろなトマトが登場するそうです。

揚げたてをハフハフといただく名物・夏の天ぷら

揚げたてをハフハフといただく名物・夏の天ぷら
揚げたてが運ばれてくる夏の天ぷら。新しょうがの天ぷらがとっても爽やか。

お肉、魚も野菜たちと一緒に

お肉、魚も野菜たちと一緒に
あゆの炭火焼の後は越後牛ヒレの焼き物。一緒に出てきた漬物はきゅうりの1本漬け!そう、やっぱり「きゅうり」は丸かじりですよね。魚沼野菜の深雪茄子も丸ごと漬けで。バリバリと音を立ててお漬物を丸かじり。

幸せのツヤツヤごはん

幸せのツヤツヤごはん
晩ごはんも幸せいっぱいでしたが、朝ごはんにも炊き立てのコシヒカリ米が、もっちりツヤツヤ。農家さんから直送の魚沼産コシヒカリです。糀納豆や焼き立てのふわふわ玉子焼きと一緒にいただきます。
キーワード :
ヘルシーごはん
朝食
温泉
旅行・休日
癒される
季節を楽しむ
投稿者情報

温泉ビューティ研究家 石井宏子

この連載の記事一覧を見る

この記事を読んだ人におすすめの記事

注目のピックアップ記事

※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。