ツウなおでかけ新発見!

おでかけニストの連載コラム

温泉ビューティ研究家・石井宏子のキレイになる温泉旅

一年中お祭り気分のつるつる美肌温泉~青森県・古牧温泉~

一年中お祭り気分のつるつる美肌温泉~青森県・古牧温泉~
らっせーらー、らっせら。らっせらっせらっせーら。今も頭の中が青森のねぶた祭りの掛け声がぐるぐる回っています。青森県・古牧温泉の星野リゾート青森屋は、一年中お祭り気分。「みちのく祭りや」というショーレストランでは、青森の四大祭りをテーマにしたスペクタクルなショーを見ながら夕食がいただけるのです。クライマックスは青森ねぶたの登場。会場全員で「らっせーら、らっせら」の掛け声を大合唱。日頃のストレスもいっぺんに吹き飛んでしまいます。

つるつる温泉から、驚きの光景が!

つるつる温泉から、驚きの光景が!
なんと、お祭り気分は温泉でも。庭の池に浮かんでいるような雰囲気の露天風呂「浮湯」に行くと、大きなねぶたとねぶり流し灯篭が浮かんで幻想的な風景。うっとりと見とれてしまう美しさです。夜18時と21時45分には、どこからともなく静々と現れて笛を吹いてくれる生演奏が始まります。これにはとっても驚きでした。本当に温泉に入って見るの?と半信半疑だったのですが、お風呂の部分は暗くてねぶたや灯篭の部分だけが明るく浮き上がっている状態なので、意外に気にならずに癒されました。このねぶり流し灯篭と笛の演奏は冬限定。3月末で終わってしまうのですが、4月からは全館「花見」をテーマにした新しい趣向に変わりますので、それも楽しみ!こうして一年中どこにいてもお祭り気分なのです。

つるつるとろりの美肌温泉

つるつるとろりの美肌温泉
古牧温泉の泉質はアルカリ性単純温泉。pH9.1のアルカリ性で、ナトリウムイオン、炭酸イオン、メタけい酸を含み、そのとろとろつるつるさに感動します。透明で優しそうなお湯に見えるので、特徴的な感触とのギャップが楽しい。湯船も天井も壁も全てが青森ヒバ造りの内湯も圧巻。ぬるめの湯と熱めの湯に分かれているので、かけ流しの温泉にゆっくりゆったり浸かることができます。アルカリ性の温泉はせっけんのように肌の汚れや古い角質を落として、湯上りのお肌はなめらかすべすべに。とてもよく温まる温泉でしっかり発汗できます。

夜はスコップ三味線で大興奮

夜はスコップ三味線で大興奮
誰もが無料で楽しめるショーもあります。今や世界でも有名になった「スコップ三味線」がパブリックのじゃわめぐ広場で毎日行われます。雪かき用のスコップと大きめの栓抜きを津軽三味線のように持って、エア三味線状態で音楽に合わせて演奏するのです。青森屋のスタッフの皆さんの演奏の後、客席から参加してすぐに演奏できちゃうのも大盛り上がりの理由。温泉で発汗して、ショーで大騒ぎ。エネルギー消費量も上がって代謝アップ。

古民家「南部曲屋」でのんびり朝食

古民家「南部曲屋」でのんびり朝食
宿の広い敷地の一角にある南部曲屋の古民家で朝食がいただけます(通常の1泊2食にプラス1080円でグレードアップ可能)。バイキングも楽しいけれど、景色を眺めながら朝のゆったりした時間を過ごすには、コチラの朝食もおすすめです。青森名物のしじみ汁や味噌貝焼きを、津軽塗りや八戸焼きなど地元の器でいただけます。古民家の中は快適にリニューアルし、温かい部屋で椅子とテーブルでゆっくりできます。
投稿者情報

温泉ビューティ研究家 石井宏子

この連載の記事一覧を見る

この記事を読んだ人におすすめの記事

注目のピックアップ記事

※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。