地域で話題の情報をお届け!

NEWS編集部レポート

NEWS編集部 北陸・西日本担当

届け先の分からない手紙が流れ着く漂流郵便局

届け先の分からない手紙が流れ着く漂流郵便局
香川県の西部、瀬戸内海に浮かぶ小さな島・粟島。古い街並みが残り、昭和時代に戻ったかのような懐かしい気持ちになれる場所です。そんな島内に2013年にできた漂流郵便局をご存じですか? 現代アーティストの久保田沙耶さんが元郵便局長の中田勝久さんに声をかけたのをきっかけに、今は使われなくなった旧粟島郵便局を改装し、届け先の分からない手紙を受け取るアート作品の郵便局として誕生。「漂流郵便局留め」という形で手紙を出すと、過去、現在、未来、もの、こと、ひと、何宛でも、いつか宛先不明の存在に届くまで預かってくれます。これまで全国各地から寄せられてきた数はなんと3800通以上! 自分への励ましや長く愛用した物への感謝、直接会えない人への想いなど…。それぞれの気持ちが集まった心温まる場所なんです。伝えたくてもなかなか言葉にできない胸の内に秘めた想いがある人は、素直な気持ちを綴った手紙を送ってみては。

集まったハガキが展示される漂流私書箱

集まったハガキが展示される漂流私書箱
漂流郵便局に集まってきた手紙は郵便局内にある漂流私書箱で大切に保管してくれます。回転する八角形の卓に無数のピアノ線を挿し込み、その線同士をマグネットを仕込んだブリキの箱でつなぐことでフワフワと揺れながら自立する構造になっています。月に2回の開局日に訪れると実際に見ることができますよ。 ※漂流郵便局は、アートプロジェクトであり、日本郵便との関連はありません。

「漂流郵便局」が書籍になって登場

「漂流郵便局」が書籍になって登場
今年2月、久保田沙耶さんが本を出版しました! 今までに寄せられた心に響く69通が収録。涙とともに懐かしさや心地よさ、癒しを感じられる素敵な1冊になっているので、ぜひ手に取ってみてください。 『漂流郵便局 届け先のわからない手紙、預かります』久保田沙耶・著 小学館 定価1296円
キーワード :
体験・見学
アート
癒される
投稿者情報

NEWS編集部 北陸・西日本担当

この投稿者の記事一覧を見る

関連する観光スポット&イベント

漂流郵便局

ひょうりゅうゆうびんきょく

住所 香川県三豊市詫間町粟島1317-2/【手紙の宛名】〒769-1108香川県三豊市詫間町粟島1317-2 漂流郵便局留め ○○○○様 MAP
TEL 0875-73-3013/三豊市役所 政策部 産業政策課

公共交通

粟島港から徒歩5分

駐車場

なし

料金

無料

時間

13〜16時(毎月第2・4土曜)

URL

http://missing-post-office.com/

この記事を読んだ人におすすめの記事

注目のピックアップ記事

※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。
※国内ガイドの観光、温泉、イベントの検索結果の一覧や各詳細ページの表示は、コンテンツの移行に伴い、新サイト「るるぶ&more.」にご案内しております。
※おでかけ広場の会員サービスを終了いたしましたが、ご投稿いただいたクチコミなどのデータは引き続き表示させていただいております。詳しくはこちら