地域で話題の情報をお届け!

NEWS編集部レポート

NEWS編集部 九州担当

【福岡】新春の夜空を炎と煙が焦がす、勇壮な火祭り「鬼すべ神事」へ

期間:2017/01/07~2017/01/07

【福岡】新春の夜空を炎と煙が焦がす、勇壮な火祭り「鬼すべ神事」へ
1 年の災難消除や開運招福を願う、太宰府天満宮内で行われる、大迫力の火祭りが今年も開催されます。
「鬼すべ神事」は、寛和 2 年(986)に太宰府天満宮に祀られる菅原道真公のひ孫である、菅原輔正によって始められたと伝えられる、福岡県の無形民俗文化財です。災いの象徴とされる鬼を、太宰府天満宮の境内にある「鬼すべ堂」に追い、煙でいぶし出して退治するという内容です。約 300 人の参加者が、鬼を退治する「燻手(すべて)」と、鬼を守る「鬼警固」、そして「鬼係」に分かれ、炎の攻防戦が繰り広げられます。炎が大きく広がり、「鬼じゃ、鬼じゃ」の掛け声が上がる中で行われる大迫力の戦いを見に、毎年多くの観客が集まります。新春の夜、日本三大火祭りの一つである「鬼すべ神事」で新年の幸せを祈念してはいかがでしょうか?
キーワード :
ファミリー・キッズ
季節を楽しむ
イベント
投稿者情報

NEWS編集部 九州担当

この投稿者の記事一覧を見る

関連する観光スポット&イベント

鬼すべ神事

おにすべしんじ

開催期間

2017年01月07日 (土) 21~22時頃

住所

福岡県太宰府市宰府4-7-1 MAP

TEL

092-922-8225/太宰府天満宮

公共交通

西鉄太宰府駅→徒歩 5 分

九州道太宰府 IC→車で15 分

この記事を読んだ人におすすめの記事

注目のピックアップ記事

※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。