[広告企画]

京の見どころをぐるり「京都定期観光バスの旅」初体験しちゃいました! | るるぶ旅情報 京の見どころをぐるり「京都定期観光バスの旅」初体験しちゃいました!
京都定期観光バスに乗車!

久しぶりの京の旅。

どこへ行こうか悩んでいたとき、目に留まったのが京都定期観光バス。案内所のディスプレイには、これから出発するコースがズラリ。たくさんのコースが運行されているんだ!

観光バスなら、行き方を心配をしなくてすむし、一人でも楽しめそう。さっそく窓口で、金閣寺、銀閣寺、清水寺をめぐるスタンダードなAコースのチケット(10:30出発)を購入した。

定期観光バス初体験、どうなるかなぁ?

さぁ出発!!

ガイドさんに迎えられてスムーズに乗車し、大きな荷物はトランクに。

定刻に出発すると、すぐにガイドさんの話が始まった。 挨拶やバスの見分け方、お願い事などユーモアを交えた案内に笑いと拍手が! ガイドさんと一緒なんて修学旅行以来だけど、明るい笑顔が車内をなごやかにしてくれる。

みんな、乗車のときにもらったパンフレットを眺めたり、一緒に来たお友だちとしゃべったり、楽しそう。

コースの概略を聞いているうちに私もワクワクしてきた。

まずは、金閣寺を参拝

最初の観光ポイント、金閣寺に到着。

入口までガイドさんに先導され、バスの乗車券を見せて入る。チケットを買わなくていいのでスムーズだ。

金閣(舎利殿)は、太陽にキラキラ輝いている!

昭和62年に金箔が張り替えられた。
金箔20万枚(約19kgの金)で、7億4000万円。それを、1カ月半の拝観料(当時300円)で取り戻したとか!ガイドブックにはない、そんな逸話がおもしろい。 今までは素通りしていた庭園も、しっかりチェック。

陸舟の松などの新発見もガイドさんのおかげだ!

銀閣寺を拝観

バスに乗ると、車窓を眺めながら京都観光。 「紫式部のお墓」や「比叡山」の話に「へぇ〜」と感心しているうちに、銀閣寺に到着。

参道では舞妓さんの格好をした女性の姿も。
さすが、京都。

金閣に比べると、銀閣(観音殿)はシブイ。
国宝の東求堂はもちろん、ガイドさんに聞いた国宝級のお庭に興味シンシン。苔寺を模したというだけあり、苔が青々として美しいし、石組みに囲まれた池もステキ。
特に銀沙灘、この白砂は、雲母でできていて月の光で輝くとか。月夜に見てみた〜い!

12時半を過ぎ、少しお腹が減ってくる。
参道にはお土産物のほか、茶団子やソフトクリームなどのお店も!
「きんつば」で小腹を満たす。黒豆の味がしっかり残っていて、甘すぎず、おいしい。

参道沿いの民家の玄関軒には、大文字に使った炭が吊り下げられていたり、民家の屋根に、魔除けとして飾られる鍾馗(しょうき)さんがいたりと小さな発見も。

車内から見える京都の風景

銀閣寺から清水寺までの間には、平安神宮、琵琶湖疏水、知恩院、八坂神社、祇園、南座と、京都の観光スポットが目白押し。乗車時にもらったパンフレットにも載っているけれど、ガイドさんは、そのスポットごとにタイミング良く興味深い話を聞かせてくれる。

平安神宮や円山公園の桜、十石舟での疏水・桜めぐりなどの話を聞くと、「春の京都もいいだろうなあ」と…。

ランチタイム♪仁王門前で記念写真

13時、清水坂の駐車場に到着。定期観光バス指定の昼食休憩所「三十六峰清水店」でランチタイムだ。乗車記念の絵はがき&あぶらとり紙をもらう。ちょっとうれしい。

バスでもらったプレミアムチケット(割引券)があったので、家用におみやげを購入した。

13時40分、再集合して、ガイドさんを先頭に、清水坂を登り仁王門前に到着。参加者みんなで記念写真をカシャ! 修学旅行を思い出してしまった。

そして最後に、清水寺へ!

清水寺では、舞台までガイドさんが先導してくれた。
弁慶の使っていた錫杖(しゃくじょう)と下駄に触れた後、舞台へ。釘を使わずに組まれた柱や、舞台の下に見える音羽の滝のご利益(舞台側から学問、恋愛、長寿)なども教えてもらう。

ここからは、自由散策。

本堂でお参りをすませ、まずは縁結びの神様「地主神社」へ。
恋占いおみくじの結果は…ヒミツ♡

釈迦堂や阿弥陀堂、奥の院と巡り、音羽の滝をめざし、散策路へ。しばらく下ったところで、舞台と京の街並みが両方楽しめるスポット発見!
舞台の上からの眺めもいいけれど、こちらもなかなか。音羽の滝では、もちろん真ん中の水を飲む。

この定期観光バス、最終ポイントである清水寺で終了することもできるそうだ。
産寧坂や二年坂、高台寺から八坂神社も近い。
ここで降りて、この辺りをじっくり散策するのもいいかもしれない。

「京都観光バスの旅」を体験して…

清水寺から京都駅はあっという間だった。
「おおきに。ほなさいなら」とガイドさんの京都弁での挨拶に、名残惜しさがこみ上げる。

大きな荷物をバスに残しておけるから身軽に観光できたし、お寺の拝観もスムーズだった。
自分で行くと、半日で金閣寺、銀閣寺、清水寺を回るのは無理だろうなぁ。

何より、魅力的なのがガイドさんの話。
歴史や詳しい寺社の話だけでなく、京野菜やおみやげ情報、縁日や祭の話など、誰かに教えたくなる口コミ情報が盛りだくさん。これで、拝観料&お土産付き5,200円はお得。

次に京都へ来たときは、季節の特別コースや昼食付きコースに乗ってみよう、っと!
京都定期観光バスの詳しい情報はこちら
 
※各施設の料金は、原則、それぞれの取材時での料金を掲載しています。
消費税率の変更等で、記載料金が実際の料金と異なることがありますので、予めご了承ください。